丹波大納言小豆

つぶが大きくて色艶が良く、独特の香りがあるのが丹波の小豆「丹波大納言小豆」。 京都府の中南部、口丹地域といわれる亀岡盆地から船井郡は、気象や土壌に恵まれ、古くから高品質の小豆を生み出す産地となっています。 「公家である大納言は切腹をしない」ことから、煮ても皮が切れない小豆のことを別名・大納言とも呼びました。 京菓子等、最高の品質を求められる京都の高級菓子づくりのなかで、さらに選抜され研かれ、丹波大納言小豆は日本一の座を守り続けています。