九手神社(豊田)

国指定重要文化財:
九手神社本殿・附棟札2枚(建造物)
長元2年(1029年)、京都松尾大社より神霊を移して祀られた。本殿は三間社流造(さんげんしゃながれつくり)で、屋根は桧皮葺きで、その屋根の勾配の優美な造りは、室町時代の面影を今に伝えている。祭神の大山咋命(おおやまくいのみこと)は丹波開拓の始祖と伝えられており、日照り、疫病の守神として町民の信仰を集めています。
神社の由緒によれば、豊田地頭藤原定氏が、京都嵐山の松尾大社より勧請し、長元2年(1029年)9月21日、社殿を造営した。その後、明応7年(1498年)3月3日に改修・再建され、大正10年4月30日には本殿を国宝に指定され、昭和25年8月29日には国の重要文化財に指定された。
また、境内のアラカシ(幹回り4m、樹高15m)の巨木は京都自然200選にも選ばれた、府内でも貴重な大木である。
九手大明神一の鳥居跡がある場所の地名を鳥居野という。
例祭・・・10月17日

  • 駐車場

    あり
  • お手洗い

    なし

アクセス

電車で
JR嵯峨野線園部駅からJRバス園福線で約25分「九手神社前」下車
車で
京都縦貫自動車道 丹波ICから車で5分