伏見甘長とうがらし

伏見甘長とうがらしは、1684年の「雍州府誌」に「山城の国、伏見辺りで作られたものが有名」と記載されており、かなり古くから伏見付近を中心に栽培されてきたものと思わます。 別名「ひもとう」ともいわれるように、とうがらしの中では最も細長い品種で20cm位になるものも。京都では家庭菜園で作っている農家も多く、焼き物、炒め物、煮物など実だけではなく葉っぱまで「きごしょう」といって佃煮にして食べるという重宝な野菜でした。 食物繊維、カルシウム、ビタミンCなど豊富な夏バテ解消野菜です。