大福光寺(だいふくこうじ)(下山)

雲晴山大福光寺は真言宗御室派の末寺。延暦年間(782~806)に鞍馬寺の僧釈峰延(しゃくのほうえん)が古道てたのが始まり。南北朝時代には、足利家の祈祷所として栄えた。本尊に毘沙門天を祀るところから“蕨(わらび)の毘沙門さん”とも呼ばれる。
優美な姿の多宝塔と本堂(毘沙門堂)が印象的。当時は現在地より北方の空山(深山)に建てられ栄えましたが、足利尊氏公の信仰により嘉暦2年10月にこの地に移し建立された。天正年間の兵火により多くのお堂は焼失しましたが、本堂と多宝塔は今も当時の姿を残している。
寺宝には、鴨長明の「方丈記」の日本最古の写本、狩野元信筆の絵馬などがあり、本堂・多宝塔は国の重要文化財に指定されています。
【国重要文化財(建造物)】
大福光寺本堂(毘沙門堂) 1棟
<建立>足利尊氏公により嘉暦2年(1327年)この地に移し建てられる。
<様式>方五間単層入母屋造桧皮葺
<特徴>菱欄間、格子戸等、鎌倉時代の様式を残す。
    内陣は土間で、外陣の後方を廻れない等、日本でも数少ない特徴を持つ。

大福光寺多宝塔(塔婆)
<建立>足利尊氏公により暦応2年(1339年)に建立と伝えられる。
<様式>方三間二層桧皮葺
<特徴>鎌倉・室町時代の様式を伝える。外側に蛙股12枚(内4枚は江戸時代の後補)がはめこまれている。

【国重要文化財(書跡典箱)】
紙本墨書方丈記 一巻
玉篇(巻第二十四断簡)一巻

【京都府指定文化財】
彫刻・・・・木造羅生門天立像(本尊)    1躯
古文書・・・制札 1枚
絵画・・・・板絵著色竹虎図 1面

【京都府登録文化財・町指定文化財】
懸仏附懸仏残欠 15面8個

【町指定文化財】
仁王像
本尊に毘沙門天を祀るところから“蕨(わらび)の毘沙門さん”ともしられている。京都鞍馬寺僧釈峰延(しゃくのほうえん)が延暦年間(782~806)に開いたと言われ定利尊氏の帰依を得て以来足利将軍家の祈祷所として崇拝を受けてきた。また寺宝の紙本墨書方丈記は鴨長明が建暦2年(1212)に著した中世文学の代表作「方丈記」の写本で、方丈記の写本としては最古に属する貴重なもの。

  • 駐車場

    あり
  • お手洗い

    あり

アクセス

JR山陰線下山駅下車、徒歩25分