小畑万歳

京都府登録文化財:(無形民俗文化財)
門付け芸
江戸時代、毎年正月に現在の兵庫県あたりから来た3人が各戸をまわり、玄関で万歳を披露していた。その衣装が小畑区の民家に残っていたことから、昭和9年に安栖里区の耕地整理事業の竣工式で、小畑の有志3人が播磨流の万歳を披露したのが始まりとされている。3人1組で演じる古典万歳で、烏帽子に羽織、袴の太夫が舞い、才蔵が鼓を打ちながらおどけ役を演じる。そして鼓の音に合わせて演奏する三味線。台詞の中にその土地の風土や行事などの即興句を盛り込むのが特徴。
道の駅「和」道路情報センターで定期公演