祥雲寺 霊木の檜 (安楽の霊木、長寿の霊木)

町指定文化財
同じ時期に植えられたとされるが、安楽の霊木がかなり太い。長寿の霊木には幹(地上1m付近)に蜜蜂が巣を作っていることから、中には空洞があると思われる。安楽の霊木の幹周り4.5m、根回り6.2m。長寿の霊木の幹周り3.5m、根回り4.5m。文献の記述から両方の樹齢は340年とされる。このヒノキは祥雲寺の開祖である天足香禅が生前に植えたとされている。京丹波町最大のヒノキ