祥雲寺天足堂(ぼけ封じ寺)(大迫)

境内にある天足堂は、寛永16年(1639年)に入寺した周防国(山口県)天足香禅和光が建立。村人たちの悩みを聞いたり、頭の病気を独特の神通力で癒したりしたと伝えられ、頭痛やぼけにご利益があるとして崇敬されてきた。今も“天足さん”の名前で、ぼけ封じ寺として多くの人に親しまれている。樹齢350年のヒノキの双樹を長生きの霊木とする。

天足祭(てんそくまつり)
長寿の霊木(樹齢350年のヒノキ)に願をかけ、老人ボケ予防五ヶ条の秘訣を授け、老後の安楽を守るように天足さまに祈願する。大正琴や人形浄瑠璃、小畑万歳の上演や天足もちなどの販売もあり、町内外から訪れる多くの人々でにぎわう。観覧者数約300人。参加無料。
【日程】5月最終日曜日

祈祷などについては、事前連絡が必要です。

お問い合わせ先
太虚寺(〒629-1121 京都府船井郡京丹波町本庄)
0771-84-1305

  • 駐車場

    あり
  • お手洗い

    あり

アクセス

電車で
JR山陰本線和知駅から町営バス長瀬線(大野ダム行)約10分「大迫」下車、徒歩10分(日曜・祝祭日・年末年始運休)
車で
京都縦貫自動車道丹波ICから国道9号から国道27号「升谷」右折約5分