鎮守の古木(鎮守の大杉、八幡ケヤキ)質美八幡宮

町指定文化財
質美八幡宮の参道の並木の中でも特に大きなスギとケヤキ。スギの幹周り5.6m、根回り6.8m、ケヤキの幹周り4.8m、根回り6.4m。スギは特に損傷もなく樹齢は350年といわれる。ケヤキは樹齢300年といわれる。昭和10年ごろの台風により大きな枝が折れ、幹に大穴が開いたがコンクリートを詰め保全に努めた。根や幹に腐朽が目立つようになったことから、樹木医の診断のもと、平成26年春より本格的治療に着手する。