お知らせ

イベント情報

京丹波町観光協会

京丹波町を満喫しよう!GO TO TAMBA

和知文七踊り

音頭とりと踊り子の粋な掛け合いが魅力の「和知文七踊り」

指定文化財(無形民俗文化財)。音頭とりと踊り子の粋な掛け合いが魅力の「和知文七踊り」。「文七」は人形浄瑠璃に使われる代表的な頭の「文七」が名の由来であるともいわれている。

文七踊りは、民芸に乏しかった口丹波地方で、江戸時代中頃から浄瑠璃くずしの音頭が愛好され、そのリズムにのって踊りが生まれたとされる。楽器類は一切使わず、音頭の語り手の声と輪並びした踊り子たちの拍手と掛け声だけで進行するのが特徴。

名称 和知文七踊り(わちぶんしちおどり)
お問合せ 京丹波町教育委員会 0771‐84‐0028
保存者 和知文七踊り保存会
LINEで送る
Pocket

2021年12月09日 最終更新